失敗するカラーコーディネート

カラーコーディネートとは「色の調和」という意味ですが、
実際にカラーコーディネートを行うとき、
「この色には何色が合うのだろう」という色同士の調和についてばかり
考えていませんか。

 

これが、カラーの使い方の大きな誤り。
調和させるべきなのは、色同士ではなく
色と「目的」です。

 

何のために色を決めているのか、それを踏まえた色を考えなければ、
どんなに美しいカラーパレットを準備しても、
その努力は実らないと思います。

 

あまり色数を増やさずに、面積のバランスを考えれば、
目も当てられないようなおかしな配色になることはありません。
配色の本やアプリなど、とても役に立つ見本はいっぱいありますが、
その配色がどういうときに使うものなのかがわからなければ、
意味が無いのです。

 

ですから、色は感覚だけに頼らず、コンセプトや企画の意図を
確実にビジュアル化するための理論的なアプローチもとても重要です。
色に関する感覚(感じること)と理論(考えること)をとことん突き詰めていくことが
大切ですね。

やってはいけないカラーコーディネート

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください