カラープランニングではシミュレーションを行いましょう
カラープランニングをする際に、
色見本の色を眺めながらどの色とどの色にしようかと悩まれたり、
頭の中でこんな色はいいんじゃないかと想像することはよくあると思います。
しかし、頭の中だけで考えた色彩計画を実行してしまうと、実際に色を塗ってしまった後に
“なんかイメージと違う”、”こんなはずじゃなかった”という事態になりかねません。

 

色というのは
その周りにどんな色が来るか、
どのくらいの面積で使うか、
どの部分を塗り分けるのか、
といったことで、見え方や印象が大きく変わってしまいます。
見ていて心地よい配色にするには、色のバランスというのもかなり繊細な部分です。

 

色は正確に記憶することが出来ないものです。
ですから、たった数cm四方の色見本を見て、これが壁の色になったら、
この色をここに使ったらと考えていても、
頭の中で正確な完成イメージを作ることはできないのです。
そして何より、塗装業者様とお客様の間に共通のイメージが生まれません。

 

肝心なのは仕上がりイメージが見える形でカラープランニングすることです。

塗装し直しとなれば、かなりの負担になるわけですから、
納得いく形で計画を立てていきたいものです。

 

ExColorでは、そのカラーシミュレーションを行うのはもちろん、
ただ、数パターンを準備して選んでもらうだけではなく、
その場でお客様の声を聞きながら、一緒に見て確認して頂きます。
“ここをこうしたら?”という希望や疑問に対して、目に見える形で
良いか悪いか納得してもらった上で、カラープランニングを進めていきます。

福岡・九州でカラーのプランニングをお考えの方、
まずは、お気軽にご相談ください。

カラープランニングでは必ずシミュレーションを

コメントを残す