色を通して自分のことに気づく

色と人の心は深く結びついています。自分のことは、自分がよくわかっているようですが、それでもまだ気づいていないことが沢山あります。言葉で説明しようとしてもどう説明していいかわからないこと、気づいていないけど引っかかっている何か、それは無意識な色を使った遊びの中で表れます。色彩心理を使ったカラーアートセラピーは、占いではありません。また、セラピストからのアドバイスでもありません。自分自身で、自分と向き合い何かに気づくことで、癒しや自分の心の変化や成長に繋がっていくのです。自分を知ることは、日頃からストレスケアを行い、自分らしく楽に生きていくことにつながります。

色を考える上で大事なのが色彩心理

色彩心理は、セラピーのためだけに活用するものではありません。色を考える全ての場面で、色彩心理(色に現れる人間の心理や欲求)を考慮することには大きな意味があります。見た目が良いだけでなく、人の心に届くには色彩心理は必須です。また、企業や団体においては、コミュニケーションを円滑化や、自分の長所を客観的に見直すことに繋がり、モチベーションアップや意識改革のための研修などにも取り入れられます。福祉や教育の現場でも、誰にでもできる色の遊びを通して人を癒すことができ、様々な場面でニーズが出てきています。

ゆっくりと自分と向き合う時間を作ることができていますか?

WORKS

様々な場面で色彩心理を体験していただいています。

色彩心理の起業セミナー

色彩心理の体験講座も行っています

福岡県内の自治体で色彩心理の体験講座も行っています。様々な目的で受講される方が多く、色彩心理の需要の高まりを感じています。これを機に色彩心理をもっと勉強したいという方もいらっしゃいます。

色彩心理セラピスト講座

本格的に勉強したい方への養成講座も

色彩心理は、自分の体験を通して勉強していくものなので、話を聞いたり本を読んでいるだけでは深く知ることができません。仕事のために、自分のために深く勉強したい方のために、色彩心理の講座も開講しております。

教育の現場と色彩心理

場所を選ばないベーシックな色彩心理

特別な道具や高価な道具を使わないので、身近にあるものを使って楽しみながら遊んだり勉強したりできます。子供から高齢者まで対象に合わせて色を楽しむことができます。

カラーセミナー

企業や事業所向けのセミナーも承ります

スタッフの方への研修やストレスケアなど、スキルアップ、福利厚生を目的とした様々な形でセミナー/ワークショップを企画致します。色彩心理は単なる遊びではんく自分磨きに繋がります。