エクスカラーについて

Concept

エクスカラーのコンセプト

Brand Color

ロゴカラー

エクスカラーのブランディングカラー(イメージカラー)は、Viola(ビオラ)というパープル系の色です。

紫は赤と青とを混ぜてできる色。情熱の赤と冷静の青という正反対の意味や効果を持つ色が混ざった、とても繊細な色でもあります。色というものは、理論的な側面も感覚的な側面も持っており、そのどちらか一方だけでは色の提案はできません。ヒトやモノの魅力を繊細に感じ取りその魅力を表現できるようでありたいという想いが込められています。数ある紫の中でも自分のパーソナルカラーのSpringのカラーグループの中からこの紫を選びました。

その他にも、紫の意味には以下のようなものがあります。

Color Consultant

カラーコンサルタント

以前は別の形で色に関わる仕事していましたが、色が人の心や体に及ぼす影響について知り、色のことに興味が深まり、カラーコンサルタントの仕事を始めました。カラーの分野も幅広く、奥が深いので、今でも毎日が勉強です。

これまでに色に関わる中で、色は、個性を表現するためにとても重要な手段であると感じます。それはパーソナルカラーのような人の個性だけでなく、空間や企業のイメージ、商品のデザインなど全てにおいて言えることで、どんな色にしようと考えることはどんな魅力を持っているんだろうと考え直すきっかけになり、モノやコトの価値を高めることにつながります。

たかが色と思われる方も多いですが、せっかくのデザインやコンセプトを色が台無しにしてしまうこともあります。色の様々な面から捉え、感覚や慣習、好みに頼らない、根拠を持った客観的に良い色の提案をするのがカラーコンサルタントの役目です。

どんな小さなことでも色でお困りのことがあればお知らせ下さい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to top