パーソナルカラーアナリスト養成講座

パーソナルカラーの勉強を始めたい方に

勉強を"一からやり直した"経験から

最初に、パーソナルカラーアナリストとしての養成講座を受けたのは今から8年前。理論や実技の勉強を一通り行いましたが、これで本当に仕事ができるのか...という不安がありました。色というもの自体が感覚的なものの上、似合う似合わないという感覚も曖昧に感じて自分の診断が合っているのか?という疑問があったのです。実はパーソナルカラーリストの養成講座で学ぶことは、とても理論的な裏付けがないことが多く、ただ言われたからやっているということが多いのです。

もし私と同じように学び直しをお考えの方ならおそらく納得されていると思います。とても"ふわっと"しているんです。もちろん、人の魅力を数値で測ることはできませんので、感覚的な部分があるのは当然のことなのですが、それでも理論に基づいてないことが多かった気がします。

私は様々なプロから様々な診断結果を言われました。1◯タイプという細分類の診断も受けましたが、結果として納得するものとは違いました。そこからたどり着いたのは、診断方法をいくら改良したところで、基礎が身についていないと意味がないということです。そして私は4シーズンの分類のパーソナルカラーの勉強をやり直し、道具も買い直し、一から勉強し直しました。ふわっとしていそうな色の評価にもちゃんと理論や意味があり、それがなければ本当にただの主観になってしまうんだということを実感しました。仕事をしていく上で、どんな勉強が必要かがわかった自分だからこそ、このことをこれから勉強する皆様にお伝えしたいと思っています。

基礎をしっかり学ぶことが大事

現在はパーソナルカラーの手法も多くあり、それによってパーソナルカラーアナリスト養成講座も多くの種類があると思います。そしてその中には、あたかもこの方法を学べば完璧にできる、マスターできる、数分でできる、1日で学べる、他の診断より優れているという謳い文句を目にするかもしれません。しかし、経験上そのようなことはなく、やはり大事なのは自分自身の腕を鍛えることしかありません。

パーソナルカラー診断は、人間の感性で行うものだからこそ、方程式のように条件で決まるものではなく、絶対的な方法はないのです。そして、その感性の評価ができるだけニュートラルにできるような基礎知識(色彩学)を学ぶことと、実務の中で繰り返し目を鍛えることしかスキルアップの道はないと感じました。今や色んな場所で、"パーソナルカラー診断やってます"と簡単にできるように聞こえるものですが、簡単に学べるものでは到底なく、だからこそしっかりと反復し学び続けることで一生錆びないスキルになると考えています。

検定や肩書きが重要なのではない

パーソナルカラーリストの資格は様々な検定や協会などがあり、これをご覧になられた方は何が違うか迷っているかと思います。それは私がそうだったから。〇〇協会認定パーソナルカラーアナリスト、という肩書きがないと仕事ができないのでは?と心配になるかもしれません。しかしそんなことはありません。パーソナルカラーを学ぶときは、現役でパーソナルカラー診断の実務を行っているパーソナルカラーアナリストから受けるトレーニングが一番です。そして実務経験が豊富の方というのも大事です。

こちらの講座は、現役のパーソナルカラーリストである私自身もそうですが、さらにもっと30年近くの診断とパーソナルカラーリスト養成実績が豊富なイルドクルールの講師も一緒に育成に携わります。パーソナルカラー診断は理論はあれど"スキル"だからこそ、教える専門の方ではなく、毎日パーソナルカラー診断を行っている現場最前線の講師から学ぶことが何より最新のスキルを身につけることにつながります。

エクスカラーで学ぶパーソナルカラーの特長は?

Point

本講座の特長

1

最高水準の照明環境で学ぶ

パーソナルカラー診断には必須の照明標準光

色の勉強は、光について知ることから始まります。色の見え方は光(照明)によって大きく変わり、当然診断結果に影響も及ぼしかねません。色が正しく見えている環境で勉強をして、お客様にも診断を行うことはパーソナルカラーリストとしては必須の責任と感じております。しかし現在、そのような状況で行われているケースはごく稀で、そのような場所で勉強ができるスクールはほぼありません。本当は一番大事な照明環境のことが軽視されているのは、それを教えるスクール自体がないというのが現状なのです。受講者はプロ仕様のパーソナルカラー診断用照明器具アシストライトも使用できますので、お仕事をする上ではお客様への信頼にもつながります。パーソナルカラーはどこでも行えるものではないことが実は知られていません。

2

4シーズン分類の本質を極める

福岡パーソナルカラーアナリスト養成講座

現在のパーソナルカラー診断は、4分類を基本として、8、12、16など細分類や特殊な分類方法のものもありますが、よくある誤解が"細分類の方が正確な診断である"という考えです。パーソナルカラー診断はただでさえ簡単なものではなく、ベーシックな4分類を理解するだけでもとても大変なのです。"どの方法が正確"ということは関係ありません。それを十分に理解することなく細分類の方法を学ぶというのは、基礎がないのに応用を学んでいるようなものなのです。方法論に振り回されて本質を理解できていないと、肝心な部分が身につかないままになります。実際には子供から大人まで、色に疎い方、男性でもどなたにでもわかりやすくニーズがあるのはやはり4シーズンの分類です。4シーズンの診断をしっかりと身につけることがパーソナルカラーの本質を追求することになります。

3

実務重視のカリキュラム

福岡のパーソナルカラーアナリスト養成講座

パーソナルカラー診断を行う上で知っておくべき理論が沢山ありますがそれを学んだからといって診断ができるわけではありません。見よう見まねでできるものではなく、間違いなく経験がなければ身につかないスキルです。"検定試験に合格したから、通信教育で学んだから診断できます"というものではないと確信しております。本講座では、しっかりと実務のトレーニング(モデル実習)を積んでいただきます。実際に皆様が仕事をしていく上で不安にならないようにするためには、実習のトレーニングしかあり得ません。人間の個性は複雑で、よくある自己診断のように、肌の色が、瞳の色で診断できることはありませんし、それができる必要はありません。しっかりとドレープを当てて練習する、そうやってスキルアップを目指していただきます。

4

色彩の専門性の高さ

福岡佐賀パーソナルカラーアナリスト養成講座

パーソナルカラー診断の中で行われていることは、実は裏付けがないものが多いと言われています。例えば、最初に赤を当てる、春から当てる、白いケープをかける、でもそれはなぜでしょう?と言われると、そう習ったからというよくわからない理由。そしてそのような根拠のないプロセスこそ、却って診断を混乱させてしまう原因となります。色彩学に基づき、色の見え方をよく知った上で理に適った方法で、パーソナルカラーアナリストが診断をしやすく、診断を受けるお客様にもわかりやすく伝えられるように、診断の手順を常に見直しています。最後には人の目で診断をするものですが、色の見え方はとても繊細です。根拠のない理屈の下で行うことは、より主観頼みや環境の要因に左右される診断結果となり、僅かな影響で判断が揺らいでしまいます。いかに正確な比較ができるか?をしっかりと色の専門家として考えたプロセスを学ぶことができます。

5

修了後のフォロー体制も充実

福岡佐賀パーソナルカラーアナリスト養成講座

私が経験した最も大事なことは、"学びっぱなし"が良くないということ。講座を修了しても、わからないことや実務で難しいことをすぐに相談できる講師がいることはとても重要だと感じました。次第に自己流になってしまい、基本を忘れると謝った理解のまま進んでしまいます。それから年々変わっていく状況にも柔軟に対応し、常に新しい情報や技術を習得すること(ブラッシュアップ)も大事なことです。一度修了したからあとは好きなように自分でやるのではなく、常に学び続けられる環境をご用意しています。定期的なブラッシュアップレッスンも行っていますし、講座の見学や個別のレッスンも可能です。プロの養成講座ですので、皆様が活動していく上で必要なスキル(例えばSNSの使い方やPCスキル他)のサポートなども行います。なお、パーソナルカラーリストとしての登録費用や年会費などは一切ございません。色見本や資料などのオリジナル教材の購入も可能です。

6

男性も学びやすい環境

男性が学ぶパーソナルカラーアナリスト養成講座

男性のパーソナルカラーリスト自体が全国的に少ないのですが、養成講座を行っている男性もほぼいません。特に九州福岡にはいないのではないかと思います。私は色の勉強をする時に感じたのは、周りが女性ばかりで少し気が引けるということ。きっとパーソナルカラーの勉強をしたい男性は多いと思いますが、男性でもなれるのか?周りは女性ばかりではないか?という理由で躊躇っているかもしれません。私自身、男性だから感じてきたことお伝えしたいことが沢山あります。男性目線だから女性にお伝えできることもあります。男性女性どちらがいいのではなく、男性講師なら受けてみようと思ってくださる方が増えるととても嬉しいです。男性のお客様は実際に増えておりますし、今後は男性のパーソナルカラーリストのニーズは益々増えると予測されます。ぜひ男性も勉強してみませんか?

Curriculum

講座概要/カリキュラム

開講は2022年春より随時開催いたします。
募集は既に行っておりますので、内容に関しては直接お問い合わせくださいませ。

詳細については、順次こちらに掲載していきます。

Contact

まずは無料相談から

パーソナルカラーアナリスト養成講座は時間も費用もかかります。
十分にご納得して勉強を始めていただけるよう、まずは講座の個別説明会を無料で行いますのでお申し込みください。

皆様のご希望などもよく伺いながら、講座の内容について詳しくご説明いたします。
オンライン(Zoom)でも対応可能です。


Scroll to top