"最適"な色を提案する

色には見た目を美しくするというだけでなく、情報やイメージを伝える効果もあり、私たちは色のおかげで、快適に安全に豊かに生活することができています。バランスの取れた配色(カラーコーディネート)だけではなく、そこで過ごす"人"に伝わる色使いを考えるのがカラーコンサルタントの仕事です。ただ目を引くだけの色ではなく、自然で違和感がなく、伝えたい情報や魅力が伝わる色を根拠を持ってご提案いたします。

色彩学や色彩心理、パーソナルカラーの理論など様々な側面から色を考えることで、客観的に見て最適な色が求められる場面はたくさんあります。

どんなことに色を役立てられるのか

一言で言えば、色は全ての分野において、活用することができます。色がついていないものはないからです。デザインや建築、ファッションなど色と深く関わりのある業種の方々以外は縁がないと思っていらっしゃるかもしれませんが、私たちは常に実は色の恩恵を受けて生活していますので、色の知識を生かす場面は多くあります。身だしなみから、店舗やオフィスの居心地の良い空間づくりなど、皆さんの生活やビジネスに合わせた色の活用の仕方があります。

サービス内容

衣食住、様々な分野においてカラーコンサルタントは根拠のある色をご提案します。

  • 標準光パーソナルカラー診断
  • イメージコンサルティング
  • 個性に合うファッションのご提案
  • 住宅のカラープランニング(インテリア、外壁塗装など)
  • 店舗や病院などの施設の色彩計画
  • コーポレートカラー、ブランドカラーのご提案など
  • 個人向けカラーアートセラピー
  • 色彩心理ワークショップ
  • 色彩心理カラーセラピスト養成講座など
  • 自治体の生涯学習センターでの講座
  • 企業セミナーやイベントの企画
  • 色彩学講座などの講師活動

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください