カラーコンサルティングとは

カラーコンサルティングトは何か

listimage色で解決するlistimage

色を使うことの難しさは、組み合わせ(配色)などの見た目の美しさだけではありません。確かにバランスの取れた配色や見た目の美しさは大事ですが、見る人に響く色かどうかはまた別の話なのです。また、そのものの魅力や特徴をよく表現できているいろかどうかも肝心なポイントで、目を引く色ための見せかけの色では意味がありません。

listimageどんなことに色を役立てられるのかlistimage

一言で言えば、色は全ての分野において、活用することができます。色がついていないものはないからです。色をつける必要がある以上、同じコストで最高の価値をプラスするためには、色を真剣に考えてみませんか。

カラーとブランディング

色とブランディング

企業やブランドにはロゴやWEBサイトなど様々な場面で共通して使われるカラーがあり、これらにはとても重要な意味があります。

詳しくはコチラ

カラーと住空間

色と住空間

住居の色彩計画に必要なのは、長い間快適に過ごせるかどうかです。簡単に変えられないからこそ慎重に考えましょう

詳しくはコチラ

カラーと人の魅力

色と人の個性

人間の魅力を見える形でアピールしてくれるのが色です。ただ似合うではなく、その人が一番輝く色を探します。

詳しくはコチラ

カラーと癒し

色と癒し

色と心は深く結びついています。なかなか言葉にできないような心の状態を色使から気付くことができます。

詳しくはコチラ

カラーとスキルアップ

色とスキルアップ

芸術でない限り、色使いには客観性が求められます。感覚のみに頼らずに、根拠のある色使いができることが大事です。

詳しくはコチラ

カラーとデジタル

色とデジタル

デジタル機器を扱う場面が増えるにつれ、データのやり取りを行うことが多くなりましたがそこにはトラブルがつきものです。

詳しくはコチラ

カラーと商品戦略

色と商品戦略

様々な商品が世の中には溢れています。色やデザインに着目してその情報を整理することで戦略を立てやすくなります。

詳しくはコチラ

コメントを残す