例えば、”◯◯の花の色をモチーフにして・・・”などと、
会社のイメージと何かを重ね合わせて
コーポレートカラーやブランドカラーなどを決めていくことはよくあることです。

ここで大事なのがそれを手当たり次第使っていいのかということ。
特に建物の色の話です。
上の例の話でいくと◯◯の花畑が一面に広がっていたら、とてもきれいですが、
建物やビルの壁一面に塗られていても、決してきれいに感じず、
むしろ違和感や嫌悪感が勝ります。

花の色は花についているから』きれいに見えるわけです。
それを考えると、コーポレートカラーだから、
イメージカラーだからと所構わず使っていくのは
注意が必要です。

決して刺激が強いわけではないけど、大面積で塗られると
違和感だらけのお店がいっぱいあります。

色のモチーフの使い方

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください