カラープランニング

カラープランニング色彩設計

listimage色で解決するlistimage

色を使うことの難しさは、組み合わせ(配色)などの見た目の美しさだけではありません。確かにバランスの取れた配色や見た目の美しさは大事ですが、見る人に響く色かどうかはまた別の話なのです。また、そのものの魅力や特徴をよく表現できているか様々な視点から色を考えます。

listimageどんなことに色を役立てられるのかlistimage

一言で言えば、色は全ての分野において、活用することができます。色がついていないものはないからです。色はコストパフォーマンスに優れたツールです。最低限のコストで最高の価値を表現するためには、色を真剣に考えることをお勧めします。

コーポレートカラー/ブランディングカラー

– 会社や商品の色のカラープランニング –

色を決めることは軸を決めることです

コーポレートカラーやブランディングカラーというのは、会社やブランドの意思そのものを表しています。色を決めるということは、どんな会社でありたいのか、どんな商品をどんな人たちに届けていきたいのかという使命やビジョンを確認し、ぶれない方針を築き上げることにつながります。

色は全ての象徴になる

住環境のカラープランニング

– 住空間のカラープランニング –

一番長く関わる色だからこそ

住空間はプライベートな空間であるため、好みで色を決めても構いませんが、好き嫌いとは別に色の効果をよく考慮し、快適性についても考える必要があります。また、外壁や内装、インテリアなど高価なもの、長年使うものは一時の流行に流されず、長年納得して過ごせる環境にしたいものです。今だけでなく、これからどんな風に変わっていくかということも見越して個ではなく、全体でのバランスも考えて計画していきましょう。

空間のカラーを考えるときに大切な事

店舗や病院のカラープランニング

– 店舗や施設のカラープランニング –

伝わることを意識して色を考えます

人が集まる場所は、プライベートの空間とは違い、色の効果や意味をよく考えなければいけません。店舗や商品のイメージをしっかりと表現できているか、来て欲しい人に届いている色使いかという雰囲気の色から、案内表示など施設内での行動に影響を与える色まで、様々な観点から色を考えていきます。

人のためになる色を考える事が大切

人のためのカラープランニング

– 人の事を第一に考えるカラープランニング –

人は同じように色は見えていません

人によって色の見え方(色覚特性)は違う場合があります。生まれ持ったものや、加齢などによって年々変化していったものもあります。ですから、色を考えるには、自分の見え方ではなく、様々な人にとってどのように見えているかを考える必要があります。人間は目からの情報を頼りにしているだけに、ストレスなく必要な情報が入ってくる環境にしたいものです。

人によって色の見え方は違う

コメントを残す