カラープランニングとは

魅力ある空間を作るための色彩計画

カラープランニングというのはその名前の通り色彩計画のこと。この色彩計画というのは、配色を考えるカラーコーディネートとは違います。きれい、おしゃれ、斬新、流行の、といった外見的な善し悪しの話だけではなく、”〜らしさ”という個性の表現のような内面の魅力を色で表すということに意味があります。カラーコンサルタントが行うカラープランニングは、一人一人のクライアント様の話をよく伺いながら、想いを形にするということです。

カラープランニングは、住空間の色をはじめ、企業やブランド/商品、など衣食住問わず色を扱うあらゆる分野で必要となるものですが、ここでは特に人が過ごす住空間(住環境)に関するカラープランニングの例をご紹介します。

人のための空間を考える

見た目だけではなく中身のある色

カラープランニングで大事なのは、人の気持ちに寄り添うこと。住空間の場合なら、そこで過ごす人たちのことです。色がなぜそこまで大事かというと、色が人間の心身の状態に影響を及ぼすからです。ご飯が美味しく食べられる場所か、家族の会話が弾む空間か、仕事が捗る環境か、地域らしさが出ている景観の色彩か、そこで生きている人たちにとって何が大切かをよく聞き、考えてそれを形にすることがカラープランニングです。色のバランスを考えるとか、イメージに合った色使いでまとめ上げるいうのは当たり前のことで、それよりもどんな暮らしをしたいか、その場所にいる人にどう過ごして欲しいかなどを考えていくことで、魅力ある他にはない空間が出来上がっていきます。配色を真似することが簡単ですが、それでは中身のない色になってしまいます。

色を考えるということは個性や自分らしさとは何かを見直すきっかけになります。カラープランニングを行う中で、周りに左右されない、自分らしいライフスタイル(軸)を作り上げていただくためのお手伝いができればと考えています。

カラーの専門家が考える色は

様々な視点から考える根拠のある色

最初に書いたように、色はカラーコーディネート(配色)を考えるものではありません。色の資格や検定の勉強をしたからと言って、素敵な色はご提案できるわけではないと思います。実際に、カラーのプロはそういった資格の知識を頼りに色を考えているわけではありません。たとえお客様が気に入ってくれたとしても、一般的に見て、地域の一部として見て、住空間の色として、不向きな色であるかもしれません。カラーコンサルタントは、自然な調和はもちろんのこと、色彩心理や、地域との調和など、様々な視点から、根拠のある色をご提案することを心がけています。住空間の色とは長く付き合っていかなければいけませんので、その時の気分や好みではなく、長期的にお客様のためになる色をご提案させていただきます。

住宅の色

ライフスタイルや個性に合わせた色

自分や家族が住む家は、休息、団欒など様々な役割を果たす場所です。いくらプライベートな空間だからといって好みだけで考えてしまうと居心地の悪い空間になってしまうかもしれません。毎日を過ごす場所だからこそ、家族のライフスタイルに合わせた色使いをすることが大事です。

外壁の色は、周囲への配慮を

皆さんの住んでいる地域の中には、景観色彩に関するガイドラインが制定されている地区も多いと思います。またそうでなくても、地域の魅力を損なわないような色使いを考えるというのは、家主の方だけでなく、工事に関わる方々の責任でもあります。”騒色”という言葉があるように、色が景観を台無しにしてしまうケースもあり、施工後にトラブルにならないためにも、事前に確認をしたり自分の家だけでなく、地域の一部としての色を考えることもこれからは必要になってきます。

シミュレーションもお任せください

色見本だけを見ていても、なかなか完成図をイメージできません。また面積比や組み合わせによって色の見え方は変わります。しっかりとシミュレーションを行いましょう。

トータルなプランニングを考えます

例えば、外装の色を考える場合は、インテリアやエクステリアとの統一感を考えるなど、全体を通して魅力ある空間づくりを計画していきます。

景観 / 街づくりの色

景観色彩は街づくりの重要課題

街づくりの中で大切なのは、その地域の魅力は何かを考えそれを武器に変えることだと思います。ただ、大都市の真似をしたり、建物や商業施設をたくさん作るだけでは、その土地にしかない魅力はだんだん薄れていきます。色には、その土地の歴史や風土、文化に基づいた個性が表れており、地域の魅力をアピールするには、景観の色は欠かせないものです。京都市などは景観に配慮した自治体として有名ですが、まだまだその考えは全国的に普及していません。

地域特有の色使いがある

いろんな土地を歩いていると、地域ごとに好まれる色(よく使われている色)に特徴があることに気づきます。さらに調べてみると、その地域の歴史、誇り、魅力などがその色に現れており、わたしたちはエリアカラー、地域肯定色などと呼んでいます。このようなリアルでローカルな情報は、本には載っていない、カラーコンサルタントにしかお届けできないものです。その土地の魅力は、写真でもわかりませんし、遠く離れた場所では考えられません。AIにもできません。街づくりには欠かせない地域の色についての生きた情報が必要な時は、ぜひご相談ください。

日々景観色彩の研究を行っています

全国でも、景観色彩に関するガイドラインを制定する自治体が増えてきているように、景観色彩は、今後より関心が高まる分野です。九州のカラーリストとともに、地域の色使いや、住環境に対する色の問題点などについて日々研究を行い勉強会も開催しております。経験豊富なカラーコンサルタントとともに連携を取りながら、皆様の地域のご依頼に応えて参ります。

団体、企業様向けの勉強会も

自治体のガイドラインにはマンセル表色系など、色に関する規定が載っていますが、専門的な勉強をしていなければ、理解できないことも多いです。都市計画、環境色彩、景観色彩、建築など、街づくりに関係している業種の皆様へのサポートとして、セミナーや勉強会なども開催いたしますので、ご相談くださいませ。

アパート / マンションの色

地域や時代の変化に合わせて

建物の外壁塗装の寿命は短くて10年前後と言われますが、その間に周辺地域の様子や住民なども変化していきます。常に同じ色というわけではなく、その時その時で最適な色を考えることが必要です。また、一時の流行で色を決めてしまうと、何年か経つと却って古さを感じる色となってしまうこともあります。

色を変えると見違えるように変わる

物件の外から見た印象はとても大事で、入居者が決断する一つのポイントになります。少しの色使いで大きくイメージは変わり、単純にオーナー様の好みで選べるものではありません。いきなり色から考えるのではなくて、”どんな人に住んでもらうのか”、”どんな建物にしたいか”などをよくヒアリングし、建物としての魅力アップに繋がる色をご提案いたします。

日々景観色彩の研究を行っています

全国でも、景観色彩に関するガイドラインを制定する自治体が増えてきているように、景観色彩は、今後より関心が高まる分野です。九州のカラーリストとともに、地域の色使いや、住環境に対する色の問題点などについて日々研究を行い勉強会も開催しております。経験豊富なカラーコンサルタントとともに連携を取りながら、皆様の地域のご依頼に応えて参ります。

団体、企業様向けの勉強会も

自治体のガイドラインにはマンセル表色系など、色に関する規定が載っていますが、専門的な勉強をしていなければ、理解できないことも多いです。都市計画、環境色彩、景観色彩、建築など、街づくりに関係している業種の皆様へのサポートとして、セミナーや勉強会なども開催いたしますので、ご相談くださいませ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください